毛氈(毛せん)は必要?

結納講座
  1. 結納講座
  2. 毛氈

結納講座

結納を飾る際に毛氈(毛せん)は必要ですか?

毛氈

毛氈(毛せん)は、なくても
かまいませんが、毛氈を敷くと、
結納の品がいっそう引き立ちます。

最近では、床の間がない、
あるいは和室もない場合もございます。
このような場合に、
毛氈を敷くと床の間代わりになります。

和室がある場合は、
置き床になるような台などがあれば、そこに毛氈(もうせん」)を敷いて、
結納品を飾って頂きましょう。

台が無い場合は、厚めの本(電話帳など)や箱などを並べて置いて、それらを隠すように大きめの毛氈を敷くと、置き床の代わりになります。

和室もなくて、洋室しかない場合はテーブルや、サイドボードなどに
毛氈をテーブル掛けのように掛けておきましょう

結納でも結納返しの場合でも、どちらも赤い毛氈で構わないのですが、
最近は、結納返しの場合はグリーン色の毛氈を使用することが多いです。

昔は、新婦様側が赤い毛氈を敷いて、新郎様をお待ちしていました。
毛氈を敷いていると、どこに結納品を飾れば良いか分かりやすいですね。

ただ、最近では自宅でなくて、料亭やホテルなどの場合が多いので、
男性側が結納用の毛氈を用意することも多いです。

結納返しの場合は、新婦様側が緑色の毛氈を用意します