結納金の入れ方

結納講座
  1. 結納講座
  2. 結納金の入れ方

結納講座

結納お金の入れ方

結納金の上手に、きれいに入れる入れ方を開設しております。

中包み(中袋・内袋)を上包みの裏に挟んでいるのを
よく見かけますが、中包みは、正式には、上包みの中に入れます。

上包みの中に入れるのは結構、難しいです。

まず、水引を祝儀袋から抜いて、お金を入れようとする方が
多いのですが、この方法だと、和紙が折り重なっているため
とても外しにくく、和紙を痛めてしまいます。

水引を袋から外すのではなく、和紙を水引から抜きましょう

 



中包みにお金を
入れます


中包み

中包みを広げます

お金を入れます

お金の向きについてですが、
当店では写真のように入れています。

向きについて、
いろいろ言われるようですが、
「この向きに入れなければいけない」という
決まりはありません。

常識的に考えて、おかしくない程度でかまいません。

元通りに折ります

裏の「封」と書いてあるところは、
糊で貼って下さい。


上包みに中包みを
入れます

裏返して、水引から和紙を抜いていきます


下から中包みを入れます 

中包みを上まできっちりと入れましょう。
中包みは金額を書いてある方が表ですから、上になるように入れます。

抜いた和紙を、差し込んで元に戻します

 

関西では、中包みを上包みの裏側に挟んであって、
さらに金額もすぐわかるように裏を向いていることがよくあります。

関西では御祝を頂くと、その御祝の1割の金額をお多芽としてお返しします。

たくさんの方から御祝を頂いた場合、中まで開けて金額を確認して、
1割の金額を入れて返す事が大変ですから、裏側に挟んであることが多いようです。

また、裏に中包みが挟んである状態で、祝儀袋が売られていることも一因しているようです。

しかし、結納の場合は上包みの中に、中包みを入れて下さい

お祝い事は重なるように、と言うことから、紙を2枚以上重ねて折ってあるものをお使い下さい。

一般に市販されている祝儀袋は一見、2枚重なっているように見えますが、
見えているところだけ重なっていて、実は1枚のものがほとんどです。

これは、機械で折るには2枚重ねては折れないため、1枚となってるのです。
仏事は重なることを嫌います。
そのため、 仏事には1枚で折ったものを用います。

そのような理由から、正式な結納には1枚の紙で折られた袋では失礼になります

御車料や御膳料などについては、御祝として渡すものではなく、
単にお金を裸で渡すことを避けるために包む・・・という意味合いから、
1枚の略式の祝儀袋でもかまいません。

当店の祝儀袋は2枚重ねて折ってあります。

手漉きの紙は機械では折れませんので、一枚一枚手で折っています。
赤紙と2枚重ねて折ることは、熟練した職人でなければ折れません。