家族書の書き方

結納講座
  1. 結納講座
  2. 家族書

結納講座

家族書

家族書とは、今、一緒に暮らしているご家族の名前を書き入れ、
結納時に親族書とともに、家族書を交換するものです。

続柄とお名前を書きます。

家族書はどんな風に書けばいい?

  • 家族書に書く順番は、
    父、母、祖父、祖母、ご兄弟(年齢順)、本人 が一般的です。
    ご本人様が最後になります。(例:兄、弟、本人)
  • 一人暮らししている学生さんなどの場合は、家族書に書き入れます。
  • 一般的には住所、勤め先、職業は書きません。 これらは身上書に書きます。
  • お祖父様、お祖母様を忘れないように。(忘れる方が多いです)

     父が一番最初になりますが、お商売などしていて、まだまだお祖父様が
     社長をしている場合などは、年齢順に、祖父、祖母、父、母、ご兄弟、本人 
     のように書かれるお家もございます。
  • ご結婚されたお姉様などは親族となり、親族書の一番最初に書きます。
  • 一般的な例
     家族書
      
  • お兄さん夫婦と同居されている場合の例
     家族書
     家族書 手書き
  • 跡取りのご長男は、別に暮らしている場合でも、家族書に入れても良いです。
  • 亡くなっている方は書き入れません。
  • 離婚して別に暮らしているお父様、あるいはお母様は書き入れません。
  • 母方の祖父、祖母と同居していて、苗字が違う場合はの例
     

家族書はどんな紙に書けばいい?

  • 奉書2枚重ねで半分に折り、わを下にして書きます。
  • 一行目には当店では、「家族」と書いていますが、お店によっては「家族書」
    と書くところもございます。
  • 上記の写真のように3つ折りとなっていますので、ここにバランスよく
     配置します。
  • 包みは手漉き檀紙を外側、手漉き奉書を内側の2枚重ねです。
    家族書、親族書は贈り物ではありませんので、水引は本来はかけません。
    一般に市販されているものは水引のかかっているものが多いようですが、
    結納館では、水引をかけないものを使用しています。
  • 包みの表には「上」と書き入れます。
    お店によっては「家族書」と書くお店もございます。

    当店では、中に「家族」と書きますので、外包みには「上」と書いています。
    「上」には、「たてまつる」と言う意味があります。
  • 家族書、親族書を同じ包みに一緒に入れるようにすすめる結納店もございますが、
    正式には別々のものですので、結納館では別々に入れるよう、おすすめしています。
      家族書 親族書 包み

家族書の渡し方

  • 新郎側は結納の目録と同じ片木(へぎ)に入れて下さい。
  • 新婦側はお受書セットに付いている片木に入れて下さい。
  • 親族書が一番下で、その上に家族書、その上に結納の目録 あるいは受書の順に入れます。
  • 結納が無くて、家族書、親族書だけの場合は、片木にのせる事をおすすめします。
    これを2巾の縮緬の風呂敷 あるいは 白山紬の風呂敷に包んでご持参下さいませ。
  • 結納の場合と同じようにご挨拶をして、これをお渡しください。

    片木(へぎ)

結納館の家族書の特徴

結納館では、他のお店と一番違う点は、手漉きの奉書に、墨を擦って毛筆で書いております。

手漉き奉書の良さは、墨で字を書いた際に、にじみ・かすれが出て、
独特の風合いが出る点にあります。
また、機械漉きの紙に比べると長期保存できます。

機械漉きの紙はつるっとしているので、墨となじまず、はじいてしまいます。
墨をたっぷり付けて書いても、にじみ・かすれなどの風合いが出ません。

筆耕 墨

  文字  手漉き奉書