結納の目録の書き方

結納講座
  1. 結納講座
  2. 結納の目録

結納講座

結納の目録

目録は、ご結納の品物の納品書のようなものです。
後々まで大切に残すものですから、目録を付けることをオススメいたします。

目録には下記の写真のように、ご結納の品名と数量、日付とお名前、
「結納の品をお納め下さい。」というような意味の文書を書きます。

文章は「右之通幾久敷芽出度御寿納被下度候也」と書き、
「みぎのとおり いくひさしく めでたく ごじゅのうくだされたく
 そうろうなり」と読みます。
目録 5点 目録と片木

お名前について

最近では、 ご本人様同士の名前を書くのが増えてきていますが、
結納は婚約を正式なものとするものですので、お父様同士のお名前を
おすすめします。

ご本人様同士のお名前ですと、大切なお嬢様の婚約ですので、
お嬢様のお父様がご気分を害されることが多いようです。

敬称は地方によって違いがあり、京都では、【様】を用います。
【殿】を用いる地方もあります。

日付について

平成●●年●月吉日のように、吉日として、きちんとした日付は書きません。
「吉辰」と書くお店もあります。吉日と同じで、「良き日」と言う意味です。

当て字について

おめでたい字を、当て字に使ってを目録に書きます。
当て字の使い方は地方によって、あるいはお店によっても違います。
お店によって、あまり当て字を使わないこともあります。

寿恵広 (すえひろ)  扇子です。 一対
帯地料(おびじりょう)、御帯料(おんおびりょう)、小袖料(こそでりょう)
※これらは結納金のことです。
一封
優美和、結美和 (ゆびわ) 一環
久美飾 (くびかざり・ネックレス) 一連
美々飾 (みみかざり・イヤリング) 一組
十慶 、登慶恵 (とけい) 一個
寿留女(するめ) 、ご養子様の場合は「寿留芽(するめ)」 一台
子生婦(こんぶ) 、ご養子様の場合は「昆布」 一台
家内喜多留料 (柳樽料) 一封
清酒 (お酒) 一対 ※1
勝男節、勝男武士 (かつおぶし) 一連
御知家 (お茶) 一対
茂久録 (もくろく)  目録です。

当店では、子生婦・寿留女はそれぞれ1台の白木台に置いているため、
「一台」としています。
お店によっては「一連」や「一把」にしている場合や、形状によって異なることもあり、必ずしも上の表の通りになるとは限りません。

※1 通常は1対になるようにしますが、1本だけの場合は1本になります。
 お酒はおめでたい銘柄のものが良いです。

目録を書く紙について

奉書を2枚重ねで半分に折り、わを下にして書きます。三つ折りになっています。
当店では、手漉き奉書を使っています。

 中入れ

目録の外包み

目録は本来、納品書のようなものなので、贈りものではないので、
水引をかけなくても良いのですが、水引のかかったものが一般的になっています。

外包みには、「寿」と書きます。

  目録 外包み

よくある質問

婚約指輪と結婚指輪の両方を目録に書いてもいいですか?

結婚指輪は結婚式で交換しますので、一般的には書きません。

ただ、婚約指輪と結婚指輪が一緒のケースの入っている場合があります。
この場合は、目録に書き入れても良いです。
書き入れる場合は、結婚指輪は 「一 婚環 壱環」 となります。

婚約指輪を先に渡したけど、目録に書いてもいいですか?

新婦側の了承を得てから書いて下さい。

最近では、本人が先に渡していることも多いようですが、
以前は、婚約指輪も結納品のひとつとして、持参していましたので、
先に渡していても、目録に書かれる場合もございます。