儀式用の扇子の使い方は?

結納講座
  1. 結納講座
  2. 扇子の使い方 (結納を取り交わす際)

結納講座

扇子の使い方 儀式用扇子 金銀扇子 モーニング扇子

御結納、結婚式など儀式には、
女性は金銀扇子、男性はモーニング扇子を持ちましょう。

和室ではお扇子を前に置いてからご挨拶します。
洋室の場合は手に持ちましょう。

女性用扇子

金が手前になるように置くのは、
開くと金が上になるためです。

ご挨拶の仕方扇子を前に置いてから、
ご挨拶します。

左の写真のように、金が手前(自分側)になるように、置いて下さい。
要(かなめ)は右になります。

 

家紋入りの扇子では、表に家紋、
裏に陰紋を入れます。

左の写真のように、
家紋の表が出るようにするには、
金を手前にして、相手側に銀が見えるようにしなければなりません。

銀が手前になると、
「陰紋(かげもん)」が
見えることになります。

家紋入り  家紋

陰紋  裏に「陰紋」

 

白いモーニング扇子は、骨が上になるように置いて下さい。

モーニング