正式な持参の仕方について

結納講座
  1. 結納講座
  2. 結納の正式な持参

結納講座

結納の正式な持参の仕方について

京都におけるお仲人さまがいらっしゃる、結納の正式な持参の仕方について
詳しく解説いたします。

簡単にしようと思っている方も、是非、ご一読くださいませ。

「簡単にしましょう」と言ったものの、正式なのはどんなものなのか、
よく知らないと、かえって、どれくらい簡単にするのか、よくわからず
両家ともに戸惑われる場合もございます。

正式な結納の持参の仕方について、良く理解した上で、
どれくらい簡単にするのか、お考えくださいませ。

まず、結納の当日の前に

結納飾りは新郎宅にて1週間ほど前に飾っておきます。
お仲人様がいなくて、簡単なご結納品でも、一度飾っておくと、
結納の当日の
練習にもなります。

ご親戚やご近所の方に、結納品を内披露して、
息子が婚約することになったことを知らせます。

婿養子の場合は、これとは逆になります。
新郎を新婦に、新婦を新郎に読み替えてください。

結納の当日 結納飾りを箱に納める

当日、新郎宅では、まずお仲人様に結納飾りと目録を確認して頂きます。
そして、結納飾りを箱に収めます。

 箱 

これを汚れ除けの綿の風呂敷で包みます。

大きくて遠方へ持参する場合は、風呂敷を持ちやすいように結んでも良いですが、
できれば、結ばない方が良いです。

風呂敷で包む 風呂敷で包む

風呂敷 寿

この風呂敷は新婦の自宅の玄関ではずします。

結納の当日 目録、家族書、親族書の包み方

目録、家族書、親族書をのせた片木(へぎ:白木の台)は箱には入れずに、
下記の要領で大切に持参します。

広蓋(ひろぶた)は漆塗りで金蒔絵の家紋入り、
ふくさは正絹(絹100%)の家紋入り、
風呂敷も正絹の家紋入りを使用しますので、傷を付けないように大切に扱います。


1. 家紋入りの広蓋(ひろぶた:黒塗りのお盆)にのせます。
広蓋 片木


2. その上に塵よけの家紋入りふくさをかけます。
家紋のある方が表です。       
富久紗を掛ける


3. 縮緬(ちりめん)か八反(はったん)の風呂敷で包みます。 
八端の風呂敷 八端の風呂敷


4. その上から二重に家紋入りの白山紬の風呂敷で包みます。
名前を手前にして、家紋が表に綺麗に出るように包みます。 
白山紬 名前 白山紬 完成


5. ここまでの広蓋、袱紗、風呂敷は上等のものばかりですので、
傷ついたり、汚れないよう、更に、綿の唐草か寿の風呂敷で包みます。
正絹の風呂敷は結んではいけませんが、この綿の風呂敷は、結納箱と同様に
持ちやすいように結んでも良いです。

そして、この綿の風呂敷も玄関ではずします。

結納の当日 新婦宅に到着したら

新婦宅に到着しましたら、簡単な挨拶をして、まず、玄関で綿の風呂敷は
はずします。
その後、床の間のある部屋の通されましたら、結納の品を飾り付けます。

飾り付けが終わり、皆が席に着きましたら、全員、扇子を前に置き、
お仲人(いない場合は新郎側のお父様)がご挨拶をし、
4で包んだ家紋入り白山紬の風呂敷を1枚はずして、新婦側のお父様に
差し出します。


新婦側のお父様がご挨拶をして、この目録などを頂きます。
この場で、目録を確認してもいいですし、
または、これらを別室に持って入っても良いです。

この新郎側の広蓋に、受書をのせ、袱紗を掛け、風呂敷に包んで、
持って座敷に入ります。

ご挨拶をして、お仲人様に受書を渡します。
お仲人様は受書を確認します。

以上で、ご結納の受け渡しは終わりです。
この後、お膳について頂きます。

新婦側の結納返しは後日、荷出しの際に一緒に持参します。