高額の結納金の入れ方

結納講座
  1. 結納講座
  2. 結納から結婚式までの流れ

結納講座

中包みの包み方 300万円以上の高額の場合

300万円以上の結納金の場合は普通の結納金を入れる袋では、きれいに入りませんので、
桐箱をお使いくださいませ。

また、中包みも普通の中包み用のものではきれいに入りませんので、結納館では下記のようにしております。

結納館の結納品セットでは300万円以上の桐箱への変更も承っております。

   桐箱

 

【1】

包みやすくするため、お札に付いている帯封は
付けたままにして下さい。

帯封が付いていると、
先方がお札を数えやすいです。

お札の左端よりも少し右側が出るように、
中包みをあてます。

お札の表に合わせる

 

【2】

お札の右角に合わせて、和紙をきっちり折ります。

きちんと角にあわせて折らないと、
仕上がりが綺麗になりません。

角に合わせてきっちり折る

 

【3】

右角を折り、裏に向けて、今度は左角を折ります。

右角〜裏
裏〜左角

 

【4】

左角を折ったら、表を向けます。

左角〜裏
裏〜左角

 

【5】

裏返し、上下の部分を平たくします。 山の形になるように折ります。

平たく折る
山の形に

 

【6】

上下を折った後、折った部分を固定するためにテープを貼って下さい。
手漉き和紙のため毛羽立ちますから、長めにテープを貼ると良いです。

折る
テープを貼って固定

 

【7】

完成です!

練習用の中包みを1枚お付けしますので、
まずは練習して下さい。

この後、祝儀袋の中に入れます。

 

中包みを祝儀袋に入れる方法は、
こちらをクリック!

完成

 

>>> 質問一覧に戻る  >>> 熨斗、末広・・・って何?  >>> 結納の挨拶

>>> 結納金の意味・相場  >>> 当日の服装  >>> いつ行う?