目録ご注文の注意点

※1 帯地料、柳樽料、松魚料の金額をそれぞれお書き下さい。

帯地料が200万円以上の場合は、桐箱に帯地料を入れることをオススメ致します。
※柳樽料・松魚料は桐箱でなく祝儀袋に入れます。
>>> 桐箱の詳細は、こちらをクリック!

※2 渡す方、頂く方の両方のお名前をご記入下さい。
    頂く方の敬称(、殿など)をお書き下さい。

【お名前について】
最近では、 ご本人様同士の場合も増えてきていますが
結納は婚約を正式なものとするものですので、
お父様同士をおすすめします。
ご本人様同士のお名前ですと、大切な お嬢様の婚約ですので
お嬢様のお父様が気分を害されることが多いようです。
旧字のはしご高(はしご高)や旧字の崎(たつさき:右側が立に可)をご記入頂くと文字化けしますので、
「はしご高」や「崎(右側が立に可)のようにお書き下さい。
(例:高野太郎(高は「はしご高」)

敬称は地方によって違いがあり、京都では、【様】を用います。
一般的には様の場合が多いようです。
【殿】を用いる地方もあります。

※3 目録には吉日と書きますが(例:平成●年●月吉日)
    念のため、結納の日付(年月日)をお書き下さい。

   ※「吉日」とせず、はっきり日付を記入することを
   ご希望でしたら、その旨ご連絡下さい。

分からないこと等ございましたら、お電話下さいませ。
TEL: 075−541−5848

字には好みがありますので、筆耕スタッフの字の見本をご覧下さいませ。
筆耕スタッフの字の見本は、こちら

目録の見本(↓クリックすると拡大します)
目録 9点