夫婦紙(めおと紙) お多芽紙(おため紙) おうつり の通信販売。 結納品・結納セットを京都より通販|京水引など選りすぐりの材料を使った上質な結納セットをお探しの方に
結納館のトップへ戻る     結納講座   結納館について    ご注文方法   買い物かごを見る   サイトマップ
  1. ホーム
  2. 結婚式関連
  3. お多芽(おため)
  4. お多芽 どれにする?

お多芽(おため)  懐紙 or 半紙 or 祝儀袋 どれにする?

◆懐紙

懐紙 金銀

結納館の懐紙は松竹梅の透かしが入っています。

結婚祝いの場合は、
二つ折りの懐紙が右が上になるように、
抱き合わせになっています。

結婚以外のお祝の場合は、
「わ」を右にした二つ折りになっています。

懐紙ですから、お茶をたしなむ方には喜ばれ、
またお菓子の敷き紙として使ったりもできます。

サイズが小さいので、相手の方が持ち帰りやすい
反面、お札を折らないといけないので、
嫌がられる方もあります。

ポチ袋付き・ポチ袋なしをお選び頂けます。 お札が三つ折りで入るポチ袋です。

                  >>>懐紙のご注文は、こちらをクリック!

 

◆半紙

半紙 金銀 (H-1)

結婚の場合は、三つ折りにした半紙2組が
抱き合わせになっています。

結婚以外のお祝の場合は、
三つ折りにしただけの半紙となります。

頂いた方は、
書道の練習や天ぷらの敷き紙などに使えます。

お多芽は、ポチ袋付き・ポチ袋なしを
お選び頂けます。
お札が折らずに入るポチ袋です。

 >>>半紙のご注文は、こちらをクリック!

 

 

◆祝儀袋

お多芽 祝儀袋入り

どんなお祝にも使える、
簡単な赤白の祝儀袋5枚を包んでいます。

こちらは、機械漉き奉書に、
7本付けの赤白水引で結んでいます。

ポチ袋付き・ポチ袋なしをお選び頂けます。

 >>>祝儀袋のご注文は、こちらをクリック!

 

元々は半紙のお多芽でしたので、一般的には半紙をお選び下さい。

それぞれに特徴がありますので、相手の方に喜ばれるもの、
使いやすいものをお選び下さい。