豪華7点「結芽(ゆめ)」
トップへ戻る     講座   当店について    ご注文方法   買い物かごを見る   サイトマップ
  1. ホーム
  2. 関西式
  3. 結芽(ゆめ)

豪華な結納 「結芽(ゆめ)」 7品目セット

結芽 正式7点
※毛氈と目録の下の黒塗りのお盆(広蓋)は別売りとなります。

正式な結納品をお探しの方に。

せっかくの結納ですから、心を込めて日本で手作りしたものを贈りませんか?

7品目【熨斗、末広、高砂、指輪、帯地料、柳樽料、松魚料】
それぞれ1台ずつにのった上品なセットです。

当店が誇る水引デザイナー伊予水宝による和モダンの飾り、松竹梅鶴亀。

さらに、スルメ、昆布を追加して9品目にもできます。

また、あなただけのオーダーメイドも承ります。

      >>>オーダーメイドのご依頼

 

正式結納「結芽(ゆめ)」 7品目セット (yui-7set-yume) 

結芽 正式7点

内容

・熨斗

・末広
(房付き&唐草の蒔絵入りの金銀扇子 1本、
 房無し・蒔絵なしの金銀扇子1本。 どちらも女性用。)
(※桐箱が変わる可能性あり)

・桐箱1個(帯地料)

・ご祝儀袋2枚
(柳樽料・松魚料の各1枚)

・高砂
(※変更の可能性あり)

・指輪飾り用の赤い敷き紙

・目録(黒い広蓋は別売りです)

・玉縁金台5台
(末広、結納金、指輪、柳樽料、
 松魚料を置いている台)

・玉縁尺四台 (熨斗を置いている台)

・島台(高砂を置いている台)

・片木(黒い広蓋は別売りです)

・水引の飾り

大きさ

・玉縁尺四台
 大きさ:約43cm×26cm
 高さ:約11.3cm

・玉縁金台の大きさ
 26.4cm角・高さ約11.3cm

・玉縁片木
 大きさ:約26.4cm角
 高さ:約4.3cm

 

制作日数

2週間
お急ぎの場合はお問い合わせ下さい。
TEL:075-541-5848

正式結納「結芽」7品目セット

\361,905 (税別)

代筆

■帯地料・柳樽料・松魚料の金額 ※1

指輪でなく別の貴金属を贈る場合は
こちらに品名と数量をお書き下さい
↓  (例:時計 1個)

■両家のお名前 ※2
先方様(受取り主)の敬称(「様」など)をお忘れなく!

(例)新郎側:鈴木一郎
   新婦側:山田太郎


※贈り主側に敬称は付けないで下さい

■結納の日付
(例:令和元年1月1日) ※3

目録ご注文の注意点

 

数量

 


帯地料(おびじりょう:結納金)の上には松です。

松は緑の葉を年中、繁らせているところから、不老長寿の象徴とされています。

松 帯地料

桐箱

上の写真でわかりませんが、右の写真のような結納金が300万円まで入る桐箱がついています。

桐箱は並みのものよりも上質の桐箱です。

桐箱 角

柳樽料(やなぎだるりょう:お酒料)の上に竹です。

こちらは金額が少ないので、ふつうの和紙の祝儀袋になります。

シャープな竹の葉がその勢いを感じさせます。

竹 柳樽料

梅 松魚料

松魚料(まつうおりょう:おさかな料)の上に梅。

梅の飾りは、結婚式の和装の時にブーケとしても、お使いいただけます。

この梅の結びは5枚の花びらが同じ大きさにならないといけないので、難しい結びです。

可愛い梅のお花がいっぱい!

末広(扇子)の上には亀。

末広の桐箱の中には、正絹の房が付いた
蒔絵(本金)の金銀扇子1本と、房無し&蒔絵無しの金銀扇子1本が入っています。

房付きは新婦様の結婚式用です。

ま〜るい背中が可愛い亀です。

 

松 帯地料※桐箱が手に入りにくくなっているため、変更になる可能性があります。

松 帯地料 当店の伊予水宝が得意とする鶴です。
他店の鶴と見比べてみてください。

竹 柳樽料熨斗(のし:黄色のもの)の上には鶴です。
「熨斗押さえ」として赤白の小槌が置いてあります。

これが高砂(たかさご)人形!

夫婦が白髪になるまで仲良く暮らせるように、という願いを込めて贈ります。

周囲には、
京水引の松葉を散らしています。

白木の台も島台と言って、浜辺のイメージです。厚みのある木を使っていて、脚も猫脚です。

高砂(島台付き)
※高砂人形は、現在大変手に入りにくいため、場合によっては別のものに変更になります。

白梅 指輪

 

敷き紙の中央の部分に指輪を置きます。

指輪でなくても、他のもの(例:腕時計)でも使えます。

梅のゴージャスな指輪飾りです。

目録は納品書のようなものです。

7点の「結芽」の結納品の場合は写真のように書きます。

結納の思い出となり、
後々まで大切に残すものです。

7点以外に、ネックレスや反物などを加える場合などはお問い合わせください。

目録 7点

結納 目録

目録は納品書のようなもので、贈り物ではありませんので、目録ののせる片木(へぎ:白木台)には脚が付いていません。

これを広蓋(ひろぶた:黒塗りのお盆)にのせて、
ご挨拶をして先方様へお渡しします。

白木台は脚を組み立てて台をのせるだけなので簡単です。
玉縁金台 脚を組んだところ   玉縁金台

広蓋 ふくさ

広蓋(ひろぶた)は、別売りです。

目録を入れた片木(へぎ)を広蓋に入れ、その上に掛け富久紗(ふくさ)を掛け、風呂敷で包みます。

広蓋のご注文はこちらから

広蓋単品

広蓋・富久紗などお買い得5点セット

 

オプション 子生婦(こんぶ)・寿留女(するめ)(玉縁金台付き)
 (YO-3)

子生婦 寿留女

材料

手漉き檀紙 顔料染め赤紙 玉縁金台
スルメ 昆布 麻

大きさ

玉縁金台:
外法:26.4cm角、高さ11cm

 

【ご注意】
ご注文の際に結納日をご連絡下さい

子生婦・寿留女
(玉縁金台付き)

\55,239 (税別)

数量

 

結納の目録をお書きする場合のご注意


※1
 
帯地料、柳樽料、松魚料の金額をそれぞれお書き下さい。

※2
 
結納を 渡す方(贈り主)・受け取る方(受取り主)、両方のお名前
ご記入下さい。 受け取る方の敬称(様、殿など)も忘れずにお書き下さい。

【お名前について】
最近では、 ご本人様同士の場合も増えてきていますが、
結納は婚約を正式なものとするものですので、お父様同士をおすすめします。
ご本人様同士のお名前ですと、大切なお嬢様の婚約ですので、
お嬢様のお父様がご気分を害されることが多いようです。

旧字のはしご高(はしご高)や旧字の崎(たつさき:右側が立に可)などを
ご記入頂くと文字化けしますので、
「はしご高」や「崎(右側が立に可)のようにお書き下さい。
(例:高野太郎(高は「はしご高」)

敬称は地方によって違いがあり、京都では、【様】を用います。
【殿】を用いる地方もあります。


※3
 
目録には「令和○○年○月吉日」のようにお書きしますが、
念のため結納の日付(年月日)をお書き下さい。

目録

目録について詳しくはこちら → 目録について

■柳樽料・松魚料の金額の決め方

正式には、結納金の1割の金額を、7:3の割合で柳樽料・松魚料にします。
(例えば、結納金が100万円としたら、結納金の1割の金額が10万円です。
その10万円を7:3の割合で、柳樽料を7万円、松魚料を3万円とします。)

あるいは、お酒・お魚の現物代くらいで、5千円・1万円くらいでもよいでしょう。必ずしも7:3にしなくても構いません。

■結納箱は無料です

結納館特製の手張りの箱入りです。
5巾(約170cm角)の大きさの風呂敷で包めます。風呂敷は別売りです。

■風呂敷は持ち帰るの??

はい、風呂敷は持ち帰ります。
関東では風呂敷もそのまま先方様へ差し上げると言われますが、関西では、
ご自分の家の家紋入りの富久紗(ふくさ)、風呂敷を使うのが正式ですので
持ち帰ります。

ただ、結納の箱を包む風呂敷は綿の安いものですので、ホテルなどの会場で
結納式をおこなう場合でしたら、新婦側が結納を持ち帰るのに風呂敷があると便利ですので、差し上げてもかまいません。

■毛氈を敷くと、結納が引き立ちます!

小さな結納でも、
1帖(90cm×180cm)の毛氈がおススメです。

床の間がない場合は、
テーブルの上に毛氈を敷くことがありますが、
テーブルクロスのように敷いて華やかにできます。

毛氈は折りたたんでも使えます。
厚みが出るので、高級感があります。

その他の正式結納:  京の精 /  京衣 / 結芽(ゆめ)