風呂敷 八端(はったん) 広蓋を包むための中包み用 結納品・結納セットを京都より通販|京水引など選りすぐりの材料を使った上質な結納セットをお探しの方に
結納館のトップへ戻る     結納講座   結納館について    ご注文方法   買い物かごを見る   サイトマップ

風呂敷 八端(はったん)

広蓋(ひろぶた)の中包みをする風呂敷です。
結納はもちろん、正式なお祝を持参する時に用います。

      結納について

 

まず、結納の目録を広蓋にのせ、その上に富久紗を掛け、八端(はったん)の風呂敷で包み、さらに家紋入りの白山紬の風呂敷に包みます。
さらにこれらが汚れないように綿の風呂敷で包みます。

     >>>お得な5点セット (広蓋、富久紗、八端と白山紬と綿の風呂敷)

 

一般的に売られているのは中包み用の風呂敷のない広蓋、富久紗、家紋入り風呂敷の
3点セットですが、京都でも、今では、ヤール巾の白山紬の風呂敷を使う方が
多いのですが、結納館では、この縞柄の八端の風呂敷をおすすめします。

ひと味違います。 おしゃれです! 粋です!

 

八端は安土、桃山時代南蛮船により、日本に伝えられれた織物で、海気(甲斐絹)織として、公家・武士の間で珍重され、贈り物を包む風呂敷として使われていました。

京都の何代も続いたお家では、すばらしい柄の八端の風呂敷をお持ちですが、
今では、この八端の風呂敷は珍しく、探し回って、やっと、入手できた風呂敷です。

出荷まで1週間ほどかかります。

 

お急ぎの場合はお問い合わせ下さいませ。 メール TEL:0800-200-1739

風呂敷 八端 (F-1)

風呂敷 八端

素材 絹

大きさ
二.七巾  96cm角

風呂敷 八端

\30,000 (税別)

数量

風呂敷】   

風呂敷一覧 / 白山紬 / 白山紬 万寿盆用 / 八端 / 縮緬 中巾(結納金袋用) 無地 家紋入り / 

縮緬 尺4巾(切手盆用) 無地 家紋入り / 縮緬 二巾(片木用) 無地 家紋入り / 綿 大判 / 化繊 二巾