結納返しセット 略式 「舞鶴」 結納品・結納セットを京都より通販|京水引など選りすぐりの材料を使った上質な結納セットをお探しの方に
結納館のトップへ戻る     結納講座   結納館について    ご注文方法   買い物かごを見る   サイトマップ

結納返しセット 「舞鶴」(目録付き) 

舞鶴

熨斗(のし)、末広(扇子)、結納金の3点をおめでたい扇面台にのせました。

目録もついているので、先方様にも失礼になりません。

京都で手作りした結納館オリジナルの結納返しのセットです。
有名百貨店でも手に入りません。

鶴の飾りはお好きな角度に向けて飾ってくださいね♪

おすすめ 結返しの袴料メインの方
大げさにはしたくないけど、きちんとしたい方
新婦の家は洋室ばかりなので、洋室にもなじむ結納返しをご希望の方

 

結納返しセットの右側にある黄色いものが熨斗(のし)、
結納返しセットの左側にあるものが末広(扇子)です。

昔から、熨斗・末広は結納には欠かせません。

結婚祝いや出産祝いの祝儀袋の右上に熨斗が付いていますが、
その熨斗を大きくしたものが結納の熨斗です。

末広 熨斗

結納館が使っている緑色の紙は、安っぽい緑色ではなく、深みのある緑です。

最高級和紙である、手漉き檀紙を使用しています。
 細やかな、ちりめん状のシワがあるのが特徴です。
 一般で使われている檀紙は機械漉きの檀紙です。



扇面台

上の写真のように、脚付きの扇面台(せんめんだい)を使っています。
扇面台の綺麗な木目を見せるため、紙は敷きません。

袴料 目録目録

目録は、片木(へぎ)という白木の台に入っています。
片木は脚が付いていない台です。
目録とは、結納返しの品の納品書のようなものです。

目録

記念品があり、熨斗・末広・袴料・記念品の4点になる場合は、上の写真のように、
熨斗を書く位置を工夫して4点を3点に見える書き方になります。

上の写真の「十慶」は腕時計の当て字です。
背広やスーツの場合は当て字は使わず、そのまま「背広」や「スーツ」と書きます。

 

結納返しセット 「舞鶴」 (扇面台・目録付き) 
(YUI-ka-maituru) 


目録

内容
材料
大きさ

※毛氈は付いていません

「舞鶴」(片木付き)

\36,191 (税別)

【結納返し】
・祝儀袋の上(例:御袴料)

・ご両家のお名前
(例:鈴木 一郎様、佐藤 二朗)

・祝儀袋に入れる金額
(例:10万円)

・結納日
(例:平成○○年○月○日)

代筆

数量



結納箱と風呂敷


結納の目録