結納返し5点 「古都の松竹梅」 京都・清水より通販でお届け
トップへ戻る     講座   当店について    ご注文方法   買い物かごを見る   サイトマップ
  1. ホーム
  2. 結納返し 一覧
  3. 「古都の松竹梅」

「古都の松竹梅」(目録付き) 


古都の松竹梅

熨斗・末広・袴料(袴地料)・柳樽料・松魚料の5点。
熟練した職人が、丁寧に手作りした日本製です。

安っぽくない深みのある緑色に、白い手漉き檀紙を重ねて、
こんなに上品な仕上がりました。

古都の松竹梅
古都の松竹梅

 

古都の松竹梅
古都の松竹梅

熨斗

 

この台には、
熨斗・末広・袴料・柳樽料・松魚料
の5点を置きます。

組み立て不要の台なので、
簡単に飾れます。

「古都の松竹梅」(YUI-kaeshi-5set-stb) 

古都の松竹梅

内容
素材
大きさ


「古都の松竹梅」

\52,000 (税別)

袴料・柳樽料・松魚料の金額 ※1
(例)袴料:10万円



ご両家のお名前 ※2
(例:鈴木 一郎様、佐藤 二朗)

日付
(例:平成○○年○月○日)

代筆

数量

 


末廣

 

左にあるのは末広(扇子)です。

男持ちの白扇と、
女持ちの白扇の対です。

昔から熨斗・末広は、御祝事に欠かせません。

右にある黄色いものは、熨斗(のし)です。

当店の熨斗は、
本熨斗を使用しています。

本熨斗は手作りの熨斗で、海藻を混ぜて作る珍しい熨斗です。
ビニールやプラスチックではありません。

熨斗
目録

目録の上包みを、片木(へぎ)という白木台に入れて使います。
ご挨拶をして、目録を先方様に
お渡し下さい。

正式には、この目録をのせた片木を
広蓋(ひろぶた:黒塗りのお盆)
にのせ
富久紗を掛け、風呂敷に包み持参します。
簡単にする場合でも、
せめて、白山紬2巾の風呂敷に包んで持参しましょう。

右が目録です。
手漉き奉書に毛筆で書きます。

目録は納品書のようなものです。

これを三つ折りにして、下の写真にある、目録の上包みの中に入れます。

目録の写真をクリックすると
拡大します→

目録

 

結納箱と風呂敷

結納返しの目録