略式 結納の受書
トップへ戻る     講座   当店について    ご注文方法   買い物かごを見る   サイトマップ
  1. ホーム
  2. 受書 一覧
  3. 少し立派な受書 「寿 桃色」


受書セット 「寿 桃色」

受書(うけしょ)とは、
『確かに受け取りました。』
と言う領収書のようなものです。


シンプルな受書ですが、 正式な結納の受書としても恥ずかしくないものです。

受書

お受書 寿 桃色  (U-kotobuki-m)

寿 桃色 受書

受書、お多芽紙
受書は、手漉き檀紙、顔料染め赤紙、手漉き奉書を使用。
お多芽紙は、奉書を使用しています。

内容

受書、お多芽紙、玉縁片木(へぎ)

大きさ

玉縁片木:外法26.4cm角

寿 桃色 (受書セットのみ 無地)

\11,500 (税別)

数量

 

※受書の書代は含まれません。
 ご自分で書かれる場合は、
 こちらをご注文下さい。

受書 目録

お受書をお書きする場合は、
こちらからご注文ください↓↓

 

「お受書の準備をいたしますので、」と言って、ご新郎様に結納の目録内容と宛名をおたずね下さい。

ご新郎様からの結納の内容がわからない場合は、「目録通り幾久敷受納仕り候也」とお書きしますので、内容の欄にご記入の上、「目録3品」をご注文ください。

寿 桃色 受書セット
+目録3品書代

\13,500 (税別)

■受書の内容 ※1
例:熨斗壱連、末広壱対、帯地料壱封、など。
目録の内容が分からない場合は、
「目録之通幾久敷受納仕り候也」です。

■両家のお名前 ※2
先方様の敬称(「様」など)を
お忘れなく!

(例)新婦側:山田太郎
   新郎側:鈴木一郎様


■結納の日付 ※3
(例:令和元年1月1日)

目録ご注文の注意点

数量

 

寿 桃色 受書セット
+目録5品書代

\15,500 (税別)

■受書の内容 ※1
例:熨斗壱連、末広壱対、帯地料壱封、など。
目録の内容が分からない場合は、
「目録之通幾久敷受納仕り候也」です。

■両家のお名前 ※2
先方様の敬称(「様」など)を
お忘れなく!

(例)新婦側:山田太郎
   新郎側:鈴木一郎様


■結納の日付 ※3
(例:令和元年1月1日)

目録ご注文の注意点

数量

 

寿 桃色 受書セット
+目録7品書代

\17,500 (税別)

■受書の内容 ※1
例:熨斗壱連、末広壱対、帯地料壱封、など。

■両家のお名前 ※2
先方様の敬称(「様」など)を
お忘れなく!

(例)新婦側:山田太郎
   新郎側:鈴木一郎様


■結納の日付 ※3
(例:令和元年1月1日)

目録ご注文の注意点

数量

寿 桃色 受書セット
+目録9品書代

\19,500 (税別)

■受書の内容 ※1
例:熨斗壱連、末広壱対、帯地料壱封、など。

■両家のお名前 ※2
先方様の敬称(「様」など)を
お忘れなく!

(例)新婦側:山田太郎
   新郎側:鈴木一郎様


■結納の日付 ※3
(例:令和元年1月1日)

目録ご注文の注意点

数量

 

受書

受書

黄色い熨斗(のし)は、本熨斗です。プラスチックや、ビニールではありません。
手作りの珍しい熨斗です。

 

一番上が「お多芽紙」、その下が「受書」、一番下の白木の台が「片木(へぎ)」です。

このお多芽紙は、「結納を頂きました」という意味があります。

「お多芽紙の中にお金を入れるのですか?」というご質問を頂きますが、お多芽紙の中には何も入れません。

受書

 

お多芽紙の下は、受書です。
下の写真は、熨斗・末広・帯地料・柳樽料・松魚料の5品の場合の受書です。
目録の内容が分からない場合は、「目録之通幾久敷受納仕り候也」となります。

片木 受書

片木 受書

 

この玉縁片木(へぎ)は、
4隅で継いでありますので、継ぎ目が見えません。

とても上質な片木です。

どうしても、目録の内容が分らない場合

右の写真のように、
「目録之通(あるいは御結納の品々)幾久敷受納仕り候也」 と書きます。

「指輪を頂けるのは分かっているけど、他は何を頂けるのか分からない場合」でも、受書には指輪は書き入れず、右の受書のように「目録之通幾久敷受納仕り候也」になります。

写真をクリックすると拡大します→

受書 目録

受書ご注文の注意点
 

※1 新郎様から受け取る結納目録の品物をお書き下さい。
    (新郎様に結納の目録をお尋ね下さい)

※2 結納を 渡す方・受け取る方、両方のお名前をご記入下さい。
頂く方の敬称(様、殿など)も忘れずにお書き下さい。
結納の目録に書かれているお名前をお書きします。

結納の目録に書かれているお名前が、
お父様同士なら、お父様同士のお名前を書き入れます。

目録を受け取る方のお名前 ⇒ 受書をお渡しする方のお名前
目録を渡す方のお名前 ⇒ 受書を受け取る方のお名前

旧字のはしご高(はしご高)や旧字の崎(たつさき:右側が立に可)などを
ご記入頂くと文字化けしますので、
「はしご高」や「崎(右側が立に可)のようにお書き下さい。
(例:高野太郎(高は「はしご高」)

敬称は地方によって違いがあり、京都では、【様】を用います。
【殿】を用いる地方もあります。


※3
 受書には「令和○○年○月吉日」のようにお書きします。
通常は、吉日となりますが、結納の目録の日付が吉日でなく、
はっきり日付が書き入れられている場合(○年○月○日)は、
その通りに書き入れなければなりません。

「吉日」とせず、はっきり日付を記入することをご希望でしたら、
その旨ご連絡下さい。

5点 受書 受書 目録

>>>受書について詳しくはこちら