荷物目録(荷目録)・荷物受書(荷受書)を販売。
トップへ戻る     講座   当店について    ご注文方法   買い物かごを見る   サイトマップ
  1. ホーム
  2. 結納関連 一覧
  3. 荷物目録(荷目録) 荷物受書(荷受書)

荷物目録(荷目録) 荷物受書(荷受書)

荷物目録
荷物目録
荷物目録
荷物目録

荷物目録「飛鶴(ひかく)」 (NI-4)


荷物目録

仲良く羽ばたく2羽の鶴

これからのお二人を象徴しているような、お荷物目録です♪

 

内容

京水引の鶴 荷目録 熨斗 
末広(男持ち白扇、女持ち白扇) 
玉縁尺四片木

大きさ

玉縁尺四片木:43cm×26.4cm

 


京水引の鶴
伊予水宝が心を込めて創っています。
特に鶴は、伊予水宝の最も得意とするものです。

末広
男持ちの白扇と女持ち白扇
京水引の三つ編みのリボンが可愛い。

荷物目録
上包み:
手漉き檀紙・顔料染め赤紙・
手漉き奉書(桃色)

中入れ: 手漉き奉書を使用。
手漉きの紙に墨で字を書きますと、
にじみ、かすれが生じますが、
これがまた趣があります。
中入は五枚綴りで、
可愛い赤白の鶴亀で綴じてあります。

熨斗
本熨斗を使用しています。

玉縁台
この台は4隅で継いであるので、
どこにも継ぎ目が見えません。

台の上に紅白の紙が敷いてあるのを、
よく目にされると思いますが、
この台には、あえて紙などは敷きません。
それは、この玉縁台のきれいな木目を
見せるためなのです

荷物目録「飛鶴」

\62,700 (税込)

数量

※荷物目録の書代は含まれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荷物目録の書代のみ
目録をお書きする場合は、
別途、こちらもご注文ください↓↓

1点に付き \330(税込)

■内容 ※1 
>>> 書き方はこちら


内容が違う場合は、書き換えて下さい。

両家のお名前 ※2
(例:山田太郎、鈴木一郎 )
先方様の敬称(「様」など)をお忘れなく!

■日付(例:○○年1月1日)※3

■荷物目録に書く数量
上記の例では、13とご記入ください。

目録ご注文の注意点


 

 

 



荷物目録「鶴」 (NI-6)

荷物目録

おめでたい鶴を清楚に仕上げました。

 

内容

京水引の鶴 荷目録 熨斗 
玉縁片木

大きさ

玉縁片木:26.4cm角



京水引の鶴
この鶴はコサージュになるようにと
伊予水宝がデザインしたものです。
特に鶴は、伊予水宝の最も得意とするものです。

荷物目録
上包み:
手漉き檀紙・顔料染め赤紙・
手漉き奉書(桃色)

中入れ: 手漉き奉書を使用。
手漉きの紙に墨で字を書きますと、
にじみ、かすれが生じますが、
これがまた趣があります。
中入は五枚綴りで、
可愛い赤白の鶴亀で綴じてあります。

玉縁台
この台は4隅で継いであるので、
どこにも継ぎ目が見えません。
台の上に紅白の紙が敷いてあるのを、よく目にされると
思いますが、この台には、あえて紙などは敷きません。
それは、この玉縁台のきれいな木目を見せるためなのです。

荷物目録「鶴」

\25,300 (税込)

数量

※荷物目録の書代は含まれません

 

荷物目録の書代のみ
目録をお書きする場合は、
別途、こちらもご注文ください↓↓

1点に付き \330(税込)

■内容 ※1 
>>>書き方はこちら


内容が違う場合は、書き換えて下さい。

両家のお名前 ※2
(例:山田太郎、鈴木一郎 )
先方様の敬称(「様」など)をお忘れなく!

■日付(例:○○年1月1日)※3

■荷物目録に書く数量
上記の例では、13とご記入ください。

目録ご注文の注意点


 

 

 



荷物目録「牡丹(ぼたん)」 (NI-5)

荷物目録

京水引の菊で、荷物目録も華やかに!

 

内容

京水引の牡丹 荷目録  
玉縁片木

大きさ

玉縁片木:26.4cm角

 

京水引の牡丹
豪華絢爛に咲く牡丹をイメージしています。

荷物目録
上包み:
手漉き檀紙・顔料染め赤紙・
手漉き奉書(桃色)

中入れ: 手漉き奉書を使用。
手漉きの紙に墨で字を書きますと、
にじみ、かすれが生じますが、これがまた趣があります。
中入は五枚綴りで、可愛い赤白の鶴亀で綴じてあります。

玉縁台
この台は4隅で継いであるので、
どこにも継ぎ目が見えません。
台の上に紅白の紙が敷いてあるのを、よく目にされると思いますが、この台には、あえて紙などは敷きません。
それは、この玉縁台のきれいな木目を見せるためなのです。

荷物目録「牡丹」

\29,700 (税込)

数量

※荷物目録の書代は含まれません

 

荷物目録の書代のみ
目録をお書きする場合は、
別途、こちらもご注文ください↓↓

1点に付き \330(税込)

■内容 ※1 
>>> 書き方はこちら


内容が違う場合は、書き換えて下さい。

両家のお名前 ※2
(例:山田太郎、鈴木一郎 )
先方様の敬称(「様」など)をお忘れなく!

■日付(例:令和元年1月1日)※3

■荷物目録に書く数量
上記の例では、13とご記入ください。

目録ご注文の注意点


 

 

 




荷出しは結婚式の10日〜2週間くらい前の大安の日を選び行います。

荷物と一緒に荷物目録と結納返し、お土産を持参します。

※最近は、荷出しの日に結納返しをせず、
 結納と結納返しを同時に済ませる 「同時交換」が増えています。

※結納の目録と、荷物目録を同じものだと思っている方がいらっしゃいます が、別のものです。

結納の目録は新郎側が用意しますが、荷物目録は新婦側が用意し、
新婦の荷物を書きます。



◆荷物目録をお書きする場合のご注意

※1 お荷物の点数は奇数になるようにご記入下さいませ。
  「和箪笥 壱棹」 のように数量もご記入下さい。
   最後にひとまとめにして 「 諸調度  品々」 とします。
   荷物受書の場合は最後に「荷物受書」とご記入下さい。
   最後の文面が違います。

   
   >>> 書き方はこちらのページへ


※2 荷物目録の差出人のお名前、受け取る方のお名前、
   両方のお名前をご記入下さい。

   受け取る方の敬称(様、殿など)をお忘れなくお書き下さい。



※3 荷物目録には「〇年〇月吉日」のように、
   はっきりと日付を書き入れず「吉日」とお書きしますが、
   念のため、「〇年〇月〇日」のように結納日をご記入下さい。

 

荷物目録ですので、熨斗、末広はなくてもかまいません。
※代筆をご希望の場合、荷物目録と書代の両方をご注文下さい。

字の見本